FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界的に有名なバレエの振り付け家 モーリス・ベジャール氏が、昨日80歳でお亡くなりになったようです。 

その作品の数々が大好きで、20代の頃からいろいろと観てきました。 映画『愛と悲しみのボレロ』の中で、ジョルジュ・ドンが踊ったラベルのボレロで記憶なさってる方もいらっしゃるのではないしょうか?  あんなに輝かしくバレエの世界に強烈に足跡を残した人はいないのではないでしょうか。 またこれからもなかなか出てこないような気がします。 

親日家で、東京バレエ団の三島由紀夫をテーマにした「M」、仮名手本忠臣蔵を元にした「ザ・カブキ」などの振付けもなさり、身体の調子が悪くなってからは、小林十市さんなど数人の方でベジャール氏の代わりに振り付けや監督のようなことをなさっていらっしゃるということをチラッと友人から聞いていました。 もう新たな作品が生まれないと思うと、とても残念です・・・。


 

スポンサーサイト
artCM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://fleurdecokibana.blog41.fc2.com/tb.php/4-be99123a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。