FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世田谷美術館で行われている「追悼ー上野泰郎展」に友人と出かけてまいりました。 

2005年8月にお亡くなりになり、その後ご遺族により寄贈された作品の数々です。 
ちょうど5,6年程前、銀座の和光で作品展をなさった時に初めてお誘いいただき作品を拝見したのですが、当時その力強く明るい光を感じる美しさ、そして素晴らしさになかなか会場を離れることができませんでした。 私にとっては今までに目にしたことのない日本画そして宗教画との出会いだったのです。 

今回の追悼展となった世田谷美術館での作品の数々も印象深いものとなりました。 
4月4日までと会期期間はあとわずかですが、すこしでもご興味のある方はどうぞお出かけください。 

深い精神性と信仰心のもとに描かれた祈りの絵画があなたを待っています・・・。



スポンサーサイト
artCM2. TB0 TOP▲

BRIOの3月号に男の書斎というテーマでいくつか紹介されていました。 その中のお一人H氏に今年の9月と11月のおいしい教室の講師をお願いいたしました。 H氏の主宰なさってるワイン会に2度ほどお邪魔したことがあるのですが、そのお店のインテリアもご自身でなさり、絵画、音楽、中国骨董、料理やワインetc.それはそれは数知れず色々なことに(お仕事なのかご趣味なのかはよくわかりませんが)才能をお持ちの方なのです。 

いままでも出会った方々から様々なことを感じたりするのですが、H氏の表現なさるものからは料理であってさえも不思議といつもイメージの中に音楽が流れています。  
どのような講義を聴かせていただけるのかまたお料理をご紹介くださるのか 実は今からとても楽しみにしているのです・・・。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。