FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







"夢うつつ 俳句と風景"と題しまして、もう一つのページを作ってみました。 

Fleur Deco 木花 の俳句コーナーにのせていたものも含め、日々の中で気づいた俳句周辺のことなどを少しずつ書き記してまいります。 








スポンサーサイト


夕刻、出かけるために近くの小さな商店街を通ると、いつのまにか商店街沿いにずーっと提灯がぶら下がっていました。 この季節、夏祭りに向けて灯されたもの。 子供たちが小さかった頃は、毎年のようにこの商店街の夏祭りにでかけていたけれど、大きくなってしまった今はそのようなこともなくなってしまい・・・

ふと見上げる提灯からは、いままでになく季節感やなつかしさがふーっとわきあがり、一瞬 夏の夕暮れ時に・・・ひたっていました。



 

ゴールデンウィークの期間中、富山県の雨晴というところで作品展を行いました。
お天気にも恵まれ、のんびりとした春の静かな海を毎日眺めてまいりました。 いらしたお客様方も1,2時間は海を眺めながら過ごされるというような人が多かったように思います。

雨晴海岸という場所は国定公園に指定されており、世界で三ヶ所、海から3,000m級の山が望める場所で、海を通して立山連峰が見えるのです。 冬場の寒い時期などはそれは美しくその様子が映し出されるのですが、この季節はなかなかお目にかかれないのです。 ところが最終日は少し雨模様となりご褒美のように美しい景色を眺めることができました。

今回は思いもかけない方々が遠くから来てくださったり、県外(東京、関西、岐阜)など遠くからお越しくださったりと、懐かしいお顔を拝見することができとてもうれしく思いました。 人との出会いというのは不思議なものですね。 今回初めてお会いしたにもかかわらず、ゆっくりとお話をし、どうやらお店を気に入っていただいたようで一週間の間に3回も足を運んでくださった方もいらっしゃいました。

東京に住んでいると感じることが出来ないゆったりとした静かな時間とやさしい思いのゴールデンウィークを過ごし、出会いの大切さを深く感じることができました。

今回お出かけくださった皆様方にこころより感謝申し上げます。 ありがとうございました。


雨晴






たしか昨日あたりが大寒。 ここのところは寒さもまして冬真っ只中という感じですね。

先週今週と料理の撮影の仕事がはいり、準備のためちょっとばかし ぱたぱた出かけることも多かったのですが、お天気はこの冬一番の寒さを更新しているような一週間でした。 
こんな季節に家を一歩出ると外気の冷たさで涙がポロポロ、まるで何か悲しいことや辛いことがあったかのようなくらいに涙が出るのでとっても恥ずかしくなり 少しだけ俯き加減になるとそれがまた余計にあやしくなったりするので・・・困ったものです。

こんな寒さの中でも少し余裕のあるときには目の前にある多摩川の土手を歩いてみたりするのですが、多摩川沿いにある桜の木々が芽吹いていたり お日様がたっぷりさしている日にはどこからともなく春の甘い匂いが満ちていたりします。 


真冬にいながらにして春を感じる・・・思うほど 冬はそんなに長くないのかもしれませんね。






  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。