上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてといっていいくらいの大きな地震が起きました。

ちょうど朝から外出中で地震が起きた午後14時46分には五反田のあるマンションの8階におり、かなり古いマンションだったためその揺れにひょっとしたら崩れる落ちるかもと思いました。

当然電車は止まり、五反田駅から近くの駅まで少しずつ歩いて行こうか、その間に電車が動きだすんじゃないかと思いながらもバスがどうやら動いているということで自宅方向に近いバスに乗り込みました。

これが正解だったようで途中のバス停で降り、そこからは1時間近く自宅まで歩いて夕方には帰ることができました。

余震もまだまだ続いているようですし、電車の復帰は明日になりそうです。

電話などの連絡も取れず、家族の帰りが心配です…。


 
スポンサーサイト


夕方 帰ってみると、ガラス作家の白石先生から小箱が届いていました。

前にお願いしていたカトラリー置きが届いたのかしらと開けてみると、その小箱にはおいしそうなサトイモとサツマイモが入っていました。 先生、秋の実りをありがとうございます!

時々気のおけない友人とともに年に何回か大月にある先生のガラス工房に遊びにでかけているのですが、前にお邪魔した時に連れて行っていただいた素敵なところで真木アートクラフト市が行われるようです。

先生の工房近くにはコンビニもなく、その工房の隣には小さな畑があり、その目の前にはまた小さなお山があり…と 本当に静かでやさしい空気が漂っているところなのですが、そのアートのお仲間で開かれる真木アートクラフト市、お時間のある方 或いはお近くにいらっしゃる方は是非お立ち寄りください。 

いつも工房の体験教室に一緒にでかけている友人はガラス作りに毎回夢中になり、日頃の忙しさや仕事を忘れる良いひと時となっているようなのですが、私は先生の工房のまわりの風景や夢中になっている彼女のその姿を眺めて緩やかな時間を楽しませていただいております。



Shiraishi Glass Studio






artCM0. TB0 TOP▲


この夏、GaiaDaysFunctionBand 主宰の ARTIST METHOD TOKYOが開催されます。

フランス、ドイツ、アメリカから特別な講師をお招きしております。

開催は7月31日~8月24日までとほぼ一ヶ月ぐらいです。 場所は西新宿。 

暑い夏こそ自分自身の身体を見つめる時! 私も少し反省も含めて、ダンスや演技の心得がなくっても大丈夫というバー・アスティエ基礎のクラスを受講してみようと思います。

ダンスや演技を専門にしている方だけでなく、一般の方でご興味ある方もご参加いただけます。 なかなか出会えないような貴重な体験ができます。

お問い合わせは、GaiaDaysFunctionBand までどうぞお願いいたします。











久々の書き込みです。


HP Fleur Deco 木花に新しくリンクをはりました。 
お世話になっている島田道男先生太氣至誠拳法氣功会です。

ときどき道場にうかがって、立禅の指導を受けております。 
実は正直なところ武術のことはよくわからないのですが、不思議なくらいに先生のその気配が美しく静かなのです。 動きもまた世界的に有名なダンサーのような美しさ! (ちょっと妙な表現でごめんなさい。) 

拳法とあるので武術が中心のようではありますが、私のように気功だけのかたもいらっしゃいます。
立禅を行うことによって気がめぐり、ものの見え方や考え方なども大きく変化したりします。 
まだまだ始めたばかりですが、きっとこのまま続けていればまた違った風景が見えてくるのでしょう。


いつうかがっても心が落ち着く気持のいい道場です。



太氣至誠拳法氣功会





 







"夢うつつ 俳句と風景"と題しまして、もう一つのページを作ってみました。 

Fleur Deco 木花 の俳句コーナーにのせていたものも含め、日々の中で気づいた俳句周辺のことなどを少しずつ書き記してまいります。 












仕事関係のホームページをrenewalいたしました。 



Fleur Deco 木花  ご覧ください。












この10月、GaiaDaysFunctionBandのホームページが一新されました。 役者さんたちのプロフィール写真も新しくなりましたので、是非ごらんください!













毎日 秋晴れのいいお天気の日が続いていますが、これは梅雨の頃のお話です。



骨董のコレクターである御夫妻からお招きをいただき、前漢、唐の時代のもの、李朝白磁、桃山時代のものなど、色々と見せていただきました。 ご夫妻には普段からとてもよくしていただき、美術館などにも一緒に連れてっていただくなど 様々な面でお世話になっており深く感謝しております。

美術館でしか見られないようなものや二千年以上前のものが、実際この手にとってひっくり返したり、触れることができるというのはなかなかないことだと思います。 
どうやってそのような時代にこのようなものが作られたのだろうと見れば見るほど解けない謎が深まるばかりですが、古いものでありながら、その美しさ、素晴らしさに新鮮なエネルギーが自分自身の中に充電されていくような気がいたしました。  そして現代に作られているものの安易さ、無機質さが否応無しに感じられ、ちょっと悲しくもなりました。

 






そういう私もきっと おそろしく安易なところに生きているのでしょうね …ちと反省です。






artCM0. TB0 TOP▲



10月に入り、秋の気配とともにお酒のおいしい季節になりましたね。

この頃はというよりこの一年は なんだか海が見たくなって出かけることが多くなりました。 
海だけではなく、隅田川の散歩というのも実はあるのですが・・・

その中のひとつ浦賀水道をちょっとここでご紹介いたします。 
皆様もご存知のように浦賀水道は東京湾の入り口、観音崎の灯台があるところです。 

ごくごく狭い範囲のベルト上に船が行き来していて、驚くほどその種類や大きさなど様々な船がまるで交通ラッシュのごとく?(といっても海上のことなので、ある程度の距離はもちろんありますが)一堂に会しているのです。 その動きは悠然としており、まるで遠くサバンナを行きかう動物の群れを眺めているような気分になります。 

よくある観光スポットとは異なり静かな時間が過ごせますし、近くには横須賀美術館観音崎京急ホテルがあり、周辺の散策以外にもゆったりと過ごす場所があるので のんびりと海を見たい方にはおすすめです。

近くの走水神社の湧き水もとてもおいしいので是非立ち寄ってみていただけたらと思います。 
なんて言いながら、今の静かな空気感が大好きなので 本当は内緒にしておきたい場所なのです。



 黒船・ペリー 










7月5日から12日まで、東池袋のアウルスポットで『トーキング・トゥ・テロリスト』という舞台が行われています。 実在のテロリストの声をそのまま舞台にしたものです。
 
初日には舞台後にDAYSJAPANのフォトジャーナリスト広河隆一氏の講演がありました。 その淡々と語られる言葉が心の奥深くに伝わってきました。 写真も戦場の悲惨な様子を映し出しているものなのですが、その現場でしか感じとれない出来事の事実、真実が氏を通して伝わってきました。

舞台以外に、ホールにはDAYSJAPANフォトジャーナリズム写真展ドイツ国際平和村写真展、藤田明美さんの流木のアートや馬場龍一郎さんの写真展ーひとにふれていたいーも同時開催でいろいろなものが展示されています。 
昨日3日目のお客様には多くの方が展示物にも関心をもっていただいたようです。

日本人には難解なテーマ’テロ’ということではありますが、この地球上でさまざまな問題が起こっていることを少しでも感じていただけたらと思います。














初日の公演が行われました。 補助席がでるほど満員でした。
明日もどうやらチケットは完売状態のようです。

場所は赤坂見附の駅、すぐそばにあるレッドシアターです。
興味のある方は、明後日以降17日~19日でお申し込みください。
心よりお待ち申し上げております。







またまたご無沙汰しております。
どうもよる年波に勝てず、ちょっとした体調不良がここ数ヶ月 続いております。

昨年、友人が立ち上げたGaiadaysfunctionbandの第2弾の公演です。
『中也が愛した女』というタイトルです。 これは中原中也、小林秀雄、長谷川泰子の三人の三角関係を舞台にしたものです。 中原中也と小林秀雄は皆様も良くご存知の人物ですが、中也好きの人は長谷川泰子という女性の存在もご記憶にあるかと思います。

先日、舞台稽古を見に出かけてまいりましたが、相変わらず脚本と演出を手がけていらっしゃる古城さんが素晴らしく、その上、三人の役者さん、池上リョヲマさん、山田キヌヲさん、溝渕龍之介さんが見事にそれぞれの役を演じていらっしゃいました。
三人の接点のあった3年程を息もつかせぬくらい一瞬のようでもあり、またとてもリアルな形で見ることができました。

見終った後に、それぞれ三人の魂の在りどころは・・・ そして私自身の魂のありどころは・・・などとふと考えさせられる舞台となっております。 いい舞台となっております。 是非お出かけください!






中也が愛した女






  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。